トップイメージ

自動車を手放す際、また売買の際も印鑑証明がなければなりません。http://www.behindthescenesofhindicinema.com/

この印鑑証明というものに関して解説しましょう。膝 黒ずみ レモン

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを裏付けるための書面です。口元のシワを消す方法

この印鑑証明がない場合にはその印鑑について実印として効力を持つという事実が証明できません。愛され葉酸

決して小さくない売買になる中古車の売買ですのでどうしても実印が必要になりますが、その時に印鑑証明が登場します。登録販売者 28年度 試験日 香川

この印鑑証明を交付してもらうためには、まずは印鑑証明する必要があります。

書類に登録するはんこは通称、実印と呼ばれていて、唯一無二の印鑑である必要があります。

この印を手配して、最寄の市役所などの窓口へ出向けば印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものが交付され、印鑑登録手続きをした印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには市町村役場へ出向き専用の書類に必要事項を記載して、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

それから、自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

ですのでいつ取得した印鑑証明だとしてもその効力は消えないことになります。

ただ車買取の際には必須条件として3ヶ月以内に発行されたものとされています。

基本的には有効期限の定めはないですが車買取時には、相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので愛車の買い取りを考えているとしたら、買い取り前に手元に置いておくとよいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.