トップイメージ

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売買の注文をして利ざやを生む商品です。

売買の注文の価格は、常に上下しています。

これが為替市場です。

ニュースサイトを見ていると、ドル円やユーロ円の為替のニュースが流れる場合があります。

よく見かけるのが、「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

別の言い方をすると、外為取引には買値と売値の両方の値段があります。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現している取引会社もあったりします。

普段は売値が買値よりも安い価格になるものです。

あなたが買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

この差分をスプレッドといい、FX業者の利益のひとつとされています。

スプレッドの差はFX取引会社によって変わります。

スプレッドの広さは手数料になるので、狭いFX会社をピックアップするほうが有益です。

ただ、同じ会社でも場合によってスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。

例えば日常的には円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの狭さであっても、為替の上下動が大きい場面では3銭、4銭になったりする場面があります。

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同じく、固定しているのが必要です。

この頃では変わらないスプレッドの狭さを表示するFX会社もたくさん存在しています。

リアルに取引業者の取引画面内で現実の為替相場を見なければ見分けられないので面倒ですが必要不可欠な事です。

大切な資金を投入して売買をするのですから、エントリーの前に、気になる業者の新規口座開設を全てしてスプレッドの狭さを確認しましょう。

同じペアでもマーケットの状況によって通貨ペアのスプレッドの幅は異なる場合があります。

普通は、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが小さく、別のペアでは拡大するのが普通です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.