トップイメージ
キャッシングの支払方式というものは、企業の方針によってずれというものがありまして、いろいな方法が導入されています。類型的には残高スライド方法やリボルディング払法が導入されているようです。そしてこうした多くの人が知っているリボですが、本当のところ算出方式に様々な法があるのです。よって其の法によっては返済額が変わってきてしまうわけですので、理解しておいて損することはないと思います。じゃあ易しくこの2つの形式の差異に関してを解説していきましょう。はじめは元金均等払いというもので次は元利均等払いです。両者はそう呼ばれているように、元本に関して均一に返済していくのと、元本と金利についてを一緒にして均一に支払っていくという方法です。この場では10万円カードキャッシングしたと設定して、実際のところどういう計算をするのかやってみましょう。金利については両方とも15%とし考えます。更にリボルディング払についての返済額は1万円と設定して計算します。まずは元金均等払いからいきましょう。こういう折の1回目の返済については1万円に金利分の1250円を足した返済になります。次回の支払いに関しては1万円へ利率の1125円を合計した引き落としになります。このようにして10回分で返済を完了させるといった手法です。これに対して元利均等払いというものは1度目の引き落しについては1万円で元金に8750円、利子へ1250円と言うように割り振りをします。2回目の引き落しに関しては元金が8750円へと減少した状態で利子を勘定して、1万円をまた割り振るのです。要するに、元利均等払いの場合は10回で引き落しが完済しないといった計算になってしまうのです。たったこれだけの違いで両方がどれぐらい相違しているかが十分わかってもらえたことと思います。元利均等とは元金均等に比肩してまぎれもなく元本が縮小するのが遅延していると言うマイナス面というものがあるのです。則ち利息といったものを多く支払うというような状態になったりするのです。一方では、最初の返済が少額で済んでしまったといったプラスもあったりするのです。こういった支払い方法についてのへだたりに応じて返済合計金額というのが異なってきたりしますからあなたの返済計画に合致した方針を採用するようにしていってください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.