トップイメージ
ローンキャッシングした際、返済自体をする時には金利を乗せた支払いになるのは知っているはずです。銀行又は金融機関は営利を目的とした業者なのですから無論問題ありません。とは言ってもお金を返す方は、1円でも少なく返済したいというのが心中でしょう。利息制限法が実行される前は年率30%近い利息返済していましたが、施行後は高利率でも年間18%位ととっても低く設けられているので、随分良くなったような気がします。今のローンキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の枠に定められていて、利用上限額により定められます。利用可能額は申請者の与信によって決定されます。総量制限により収入の1/3までと決められていますので、年収がどれくらいあるのか?どういった職についているのか?カードの利用状況はどうなのか?などが確認され与信限度額としてクレジットカードの内容が決められます。カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各企業で使用可能額は同じではありません)と広い幅があります。そうしてその範囲の中で定めた使用可能額により利息も決まります。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になるはずです。結局、信用度が上がれば、貸付可能金額も多くなり、利子も下がります。これに矛盾を覚えるのは私だけでしょうか?銀行又は金融機関にとって、それらの事実は常識なのでしょうが、収入の高い人がローンサービスが不可欠と思えませんし、もし借りたケースでも利率がどうであるとお金を返す事に苦労する事はないと思います。反対に一年の収入の低い人は直ちに必要だからキャッシングする方が多く、金利が良くないと返済に追い込まれるようになるはずです。ですから可能枠の低い人にこそ低金利で利用できるようにするべきです。この見方は使う立場としての考えです。これらを念頭に置くと、金利を安くする為にはどうしたら良いのか、漠然と理解したのではないでしょうか。現実、これから述べる方法で、申し出をする人が多いので知らせますと、カードローンの手続きをする際に、年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。そのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればその分だけ利子が安いカードを持つことができるはずです。と言って全額キャッシングしなければいけないという事はありません。5万円でも40万円でも必要な分だけ使えます。そして最高利用金額が300万円で最低利子年間7%位のローン業者もあるのです。その金融会社に手続きをすればその業者の最低利率で受ける事ができるはずです。どうですか?やり方を変えるだけで低利率のキャッシングできるカードを手にすることが出来るようになります。自分自身の年の収入と金融会社の利子を比較し、調べる事さえ怠らなければ、より満足できる状況でキャッシングできるため、面倒だと思わず確認するようにする必要があります。

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.