トップイメージ
ローンしたケースは、支払う時には利子を乗せた返金になるのは周知の事実です。金融会社は営利を目的とした企業なのですから当たり前です。しかし支払う方は、少しでも少なく返したいというのが内心でしょう。利息制限法が施行される以前は年間30%近い利率返していましたが、適用後は高利息でも年率18%位と随分低く設定されていますので、かなりリーズナブルになったようです。この頃の融資の利子の枠は4%位から18%位の間に定められていて、利用可能額により設定されます。利用限度額は申込者の信用によって決定されます。総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、年収がどれほどあるのか?どういう職についているのか?キャッシングカードの使用状況はどうなのか?いろいろ見られ与信額としてクレジットカードの内容が決められます。カードキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各企業で金額は同じではありません)と広い幅があります。そうしてその範囲の中で決定した利用できる金額により利率も決まるのです。50万円なら年間18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった具合になるのです。つまり、信用度が良ければ、与信額も良くなり、利息も下がるはずです。これに疑念を抱くのは僕だけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、それらの事実は無論問題がない事のはずですが、収入の多い人がキャッシングローンが必要と思えませんし、仮にお金を借りた場合でも金利が良かろうが悪かろうがお金の支払いに苦労する事はないと思います。反って一年の収入の少ない人は直ちにお金が必要なので借り入れを行う方が大半です。利子が悪いとお金の支払いに苦しむようになります。このため使用可能範囲の良くない人こそ低利率で使えるようにするべきなのではないでしょうか。これは利用するサイド側としての意見ではあります。これらの事を考えると、利率を低くする為にはどのようにすれば良いのか何となく気付いたのではないでしょうか。現にこのようにして申請する人が多いので教えますと、キャッシングの手続きに申込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。キャッシング審査で満額通ればそれだけ利息が低いクレジットカードを持つことができるのです。であっても全額利用しなければならないわけではありません。15万円でも50万円でも必要な分だけの利用ができます。さらに上限利用金額が300万円で最低利息年率7%位の金融会社も有りますので、その企業に申し込めばその金融会社の最低利率で受ける事ができるようになります。どうですか?見方を変えるだけで低利率のクレジットカードを持参することが出来るのです。自身の一年の収入とローン業者の金利を並べて、検討する事に時間を費やせば、より良い状態でキャッシングできるので、ちゃんとチェックするようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.