トップイメージ
乗用車の【全損】とはその名の通り自動車のすべてが故障した状況つまり走ることが出来ない等移動手段の車として役をできなくなった状態で使用されますが、乗用車の保険で《全損》は多少なりとも違った内容が込められていたりします。自動車保険における乗用車が壊された時には〈全損と分損〉という2つの状況に仕分けされ「分損」は修復の費用が保険内でおさまる場面を指し、逆に「全損」とは修復のお金が補償金の額より高いケースを言います。普通、修理で《全損》と言われるとエンジンに修理できない損傷が起こったり車の骨格が歪んでしまって直すのが無理な場合リサイクルか処分と判断されるのが当たり前です。しかし、乗用車の事故を起こして修理業者や自動車保険会社がそのような修理の費用を予測した際に、どんなに表面がちゃんとしていて修理ができる状況でも修復費が補償額よりも高ければなんで保険にお金を負担しているのか分からなくなってしまいます。こういう状況では、全損と判定して自家用車の所有権を保険会社へ譲渡して補償額を支払ってもらう事になっています。当然の事ですが長い間所持した車で未練があり、自分で費用を出して修復をしてでも運転したいというドライバーはけっこういますから場面によっては自動車保険会社と話すといいでしょう。さらに、自動車保険の種類に応じてそういった場面を想定して車両全損時諸費用補償特約などの【全損】の際に特約つけている場合が存在し、不幸にも自家用車が《全損》なったケースでも車を買い換えるなどの経費を一部分でも払ってくれる時も存在したりします。さらに盗まれた際の保険金の特約をつけるならば盗まれた乗用車が発見できない場合も(全損)となり、保険金が払われるサービスになっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.