トップイメージ
破産の申告をおこなったとしても裁判所などから親族に連絡がいくことは考えられません。ですから、家族や親類には秘密が明らかになってしまわないように自己破産申請が可能だとお思いかもしれません。ただ実際には、自己破産の手続きを行う時に公的な機関などから同居している両親や兄弟などの給与をつまびらかにする紙面や銀行の通帳の複製等の書類資料の届出を有無をいわさず要求されるというような事態もありますし借りた会社から家族や親族へ通知が来るようなこともないとは言えませんから、知られてしまわないように自己破産というものが行うことができるという保証はまずないといえるでしょう。不自然に隠匿してそれ以降に気付かれてしまうよりも、本当のことを正直に本当のことを話して家庭のメンバー全員の協力を得て自己破産というものを乗り越える方が望ましいでしょう。一方、一緒に住んでいない家族であれば自己破産申立てを行ったことが発覚してしまうというようなことは不安に思う必要はないと理解してください。妻/夫の債務を失くすことを念頭に離婚届の提出を考える夫婦もいるとのことですが、実際は、婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められていもまずその人が保証の名義人にならない限り民法の上では拘束はないと言えます。ですが、連帯保証人という立場身を置いているケースならばもし離婚をしても保証人としての義務に関しては残存しているため法的な支払義務があります。よって、離縁することを行ったことさえすれば借入金の法律上の支払義務が斟酌されるということは考えられません。ところでしばしば債権を持つ会社が債務をもつ人の家族や親族に支払の請求をするケースもありますが、連帯保証人や保証人にサインしていないようであれば子供と親や妹と姉など家庭間の返済義務だとしても家庭の人に民法において法的な支払義務はまずないのです。実は消費者ローンが支払い義務を負っていない家族や親族に対して支払いの請求を実行することは貸金業規制法を実施する上での行政の事務規則内で規制されているため、支払い督促の方法にもよりますが支払催促の規則にたがうことにもなり得ます。従って、法的な支払義務が存在しないにも関わらず借り主の家族や親族が支払の督促を受けたという事実がある場合は業者に対し支払いの催促を直ちに止めるよう警告する内容証明の郵便を出すのが良いでしょう。往々にして、借入者のことがいたたまれないからと思うが故に本人以外の親族が借入金を代理となって返済してしまうことがありますが借りた本人幸運に甘えて多重債務の形成を反復してしまうことがないとは言えません。したがって債務を負った本人の気持ちを斟酌すれば厳しいかもしれませんが債務をもつ本人努力によって借金を弁済させるか、自力での更生が出来ないようであれば自己破産の申し立てをやらせた方が借りた本人人生には良いと思われます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.