トップイメージ
ここ数年どの自動車損害保険の会社も保険料増加をしつつあります。自動車保険が料金の釣り上げをしてしまうことが起きると私たち自身の台所事情にかなり大きな衝撃を与えると言わざるを得ません。それでは、どうして運転者を助ける自動車保険が値段釣り上げをされるという事態になっているのか、わかりますか。主要な原因として定説になっている事は大雑把に2項目あるので、ご紹介します。第一に高齢の自動車所有者が年を追うごとに増えていることです。自家用車両を所有しているのが当然の世の中になってしまったことから、お年を召した運転者も増加しています。またこの国全体が高齢化社会というようなことも理由になってこれ以降さらにお歳を召したドライバーが増える傾向なのは間違いありません。高齢者のケースでは、保険の料金が手ごろに設けられているゆえ、保険会社にとっては、そこまで旨味がありません。当然ですが、保険料が安いのに自動車事故を起こされたときに割高な補償費を払わないとならないためです。その場合リスクが非常に上がるので、保険会社の立場から考えれば保険料を値上げする他ありません。さて、二つ目の理由は、若年世代の車所有への淡白な態度にあると言えるでしょう。老年期の自動車所有者は増加しているのですが逆に比較的若い世代は車に対するプライオリティが低くなってきたのです。こういった事態のバックグラウンドにあたるものは地下鉄などの交通インフラの拡充と経済的なことです。収入の安定した職にありつくことが難しい若い世代が数多くいるため自動車を購買する力がないといった人も相当数いると考えられます。以前の考え方であれば、クルマを所持している事がサラリーマンのステータスだと考えられていましたが、今は車を持つ事がステータスなどとは言いにくくなってきたと考えられます。ですから保険料が高齢より割高な若年層の保険申込者が低減しているのが現状です。こうした複数の事情が原因となって自動車損害保険会社も保険料増加に踏み切っていると考察できます。

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.