トップイメージ
「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨をトレードして利幅を生み出す商品です。売り買いの値段は二十四時間上がったり下がったりします。それが為替市場です。テレビを見ていると、通貨のニュースが流れる場合があります。よくあるのが「ドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。つまり、買値と売値の値段があるという事です。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している取引業者もあったりします。通常は売値が買値よりも安く設定されています。私達が買値は高く、売値は低くなるものです。この差をスプレッドといいFX会社の収入の1つになっています。スプレッドの幅は会社によって変化します。スプレッドはあなたにとってコストになるので低いFX会社をセレクトしたほうが有益です。ただ、同じ業者でも状況に応じてスプレッドは変化します。仮定として通常時はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さでもレートの変動がとても激しいときには1銭よりも大きくなったりする場合があります。そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい変化が少ないということが重要です。現在では固定したスプレッドの狭さを提示する取引業者も多数あります。実際に取引会社の注文画面内で実際の為替レートを確認しなければ見分けられないので面倒くさいですが、必要不可欠な事です。多額の資金を使って注文しますのでリアルな注文の前に気になるFX会社の新規取引口座開設を試して、スプレッドの広さをチェックしましょう。同じ通貨の組合せ、その瞬間のマーケットの状況によって通貨ペアのスプレッドの差は変わることがあります。一般的には、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの広さが狭く、その他の通貨ペアではスプレッド幅が大きくなる事があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.seamusomuineachain.com All Rights Reserved.